メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

トランプ選対の元本部長が司法取引 露介入捜査

トランプ陣営の選対本部長だったマナフォート被告=AP

 【ワシントン鈴木一生】ロシアの2016年の米大統領選介入とトランプ陣営との癒着の疑惑を捜査しているモラー特別検察官は14日、陣営の選対本部長だったマナフォート被告(69)が、米国への謀略(脱税や資金洗浄の計画など)と司法妨害を企てた罪を認めて捜査に協力する司法取引に応じたと発表した。認めたのはロシアの大統領選介入疑惑とは直接関係しない罪で捜査への協力内容は不明だが、証言によっては捜査が進展する可能性がある。

 マナフォート被告はこれまで一貫して無罪を主張し捜査協力を拒否していた。米司法省の公開資料によると、…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文671文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川貴教 登美丘高校「HOT LIMIT」動画に喜びも「もっと早かったら…」とボヤキ
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです