メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和歌山県警

首相の車列警備で拳銃落とす 住民拾い届け出

 和歌山県警は15日、機動隊の20代男性巡査が和歌山市内を走行中の警護車両から、実弾入りの拳銃1丁を誤って落とし、約1時間20分後に拾得物として届け出があったと発表した。使用された形跡はなかった。巡査は、14日に自民党総裁選の遊説を終えて同市内から移動する安倍晋三首相らの車列を警護していた。

 県警によると、巡査は14日午後7時50分ごろ、警護車両に乗車して首相の車列を警備中に和歌山市橋向丁の県道交差点で、助手席の窓から拳銃1丁を落とした。側道から進入しようとした車両を停止させるため窓から身を乗り出したところ、たすき掛けしていた拳銃ホルスターが窓枠に当たって留め金が外れ、拳銃を車外に落としたという。

 巡査は降車して一帯を捜索。県警も約50人態勢で捜していたところ、同9時10分ごろ、捜索中の警察官に住民から拾得物として届け出があった。この住民は歩道上で拾い、いったん自宅に持ち帰った後、最寄りの交番に届けに行く途中だった。実弾は全て装填(そうてん)されたままだった。

 巡査はこの日、私服で車両に乗り込み、拳銃とベルトをつなぐ落下防止のためのつりひもは装着していなかった。県警によると、私服の場合、装着義務はなく、携帯方法に問題はなかったという。

 県警は15日午前2時半から記者会見して公表した。的場克郎警備課長は「大変遺憾で、再発防止に努めたい」とコメントした。【砂押健太】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 3店閉鎖へ 新潟、相模原と府中
  2. 県教委 バイク免許に新要項 高校生「3ない運動」廃止 /埼玉
  3. 台風24号 沖縄は大しけ 30日ごろ西日本直撃恐れ 
  4. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  5. 鉄道 台風予測 広がる「計画運休」 リスクを回避

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです