盲ろう者

「世界広げて」タンデム活用で自転車の楽しさを

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
タンデム自転車を使って盲ろう者のサイクリングを支援する鈴木さん=横浜市港北区で
タンデム自転車を使って盲ろう者のサイクリングを支援する鈴木さん=横浜市港北区で

22日、横浜で体験会

 聴覚と視覚の両方に障害がある盲ろう者にサイクリングの楽しさを知ってもらおうと、横浜市港北区の自転車店経営者が、2人1組でこぐ「タンデム自転車」の活用を模索している。22日には、横浜市体育協会が開くタンデム自転車の体験会に参加し、魅力を呼びかける。【インターンシップ生・奥田樹、木内亜里紗、藤沢七海】

 自転車店「グルペット」を経営する鈴木宏行さん(51)。会社員だった2005年ごろに、光も音も失った盲ろう者の生活をテレビ番組で知った。スポーツ自転車(ロードバイク)の競技経験もあった鈴木さんは、「サイクリングを通じ、盲ろうの子どもたちが外に出るきっかけを作りたい」という漠然とした思いを抱いて脱サラ。14年に開業した。

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文971文字)

あわせて読みたい

注目の特集