メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盲ろう者

「世界広げて」タンデム活用で自転車の楽しさを

タンデム自転車を使って盲ろう者のサイクリングを支援する鈴木さん=横浜市港北区で

 聴覚と視覚の両方に障害がある盲ろう者にサイクリングの楽しさを知ってもらおうと、横浜市港北区の自転車店経営者が、2人1組でこぐ「タンデム自転車」の活用を模索している。22日には、横浜市体育協会が開くタンデム自転車の体験会に参加し、魅力を呼びかける。【インターンシップ生・奥田樹、木内亜里紗、藤沢七海】

 自転車店「グルペット」を経営する鈴木宏行さん(51)。会社員だった2005年ごろに、光も音も失った盲ろう者の生活をテレビ番組で知った。スポーツ自転車(ロードバイク)の競技経験もあった鈴木さんは、「サイクリングを通じ、盲ろうの子どもたちが外に出るきっかけを作りたい」という漠然とした思いを抱いて脱サラ。14年に開業した。

 転機が訪れたのは、開業から半年後。聴覚障害者の国際的なスポーツ大会「デフリンピック」で自転車競技に出場する選手らがたまたま来店し、親交を深めるようになった。鈴木さんが選手に、前輪の上に大きな籠のある自転車に盲ろうの子どもを乗せてサイクリングを楽しんでもらう案を話したところ、こう言われた。「子どもたちは、自分でこぎたがるんじゃないかな」

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文971文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  3. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  4. 「習志野隕石」船橋にも落下していた 7月の「火球」破片、国立科学博物館が確認

  5. 熱血!与良政談 河井夫妻はなぜ辞めない=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです