メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛知

ウイスキーたる材で椅子 「幾星霜の時間」に座る

 木製家具メーカー「カリモク家具」(愛知県東浦町)は、サントリースピリッツがウイスキー熟成のため数十年使ったたるを再利用した椅子を28日に売り出す。くぎ跡やウイスキーの染みが残っている椅子もあり「たる材に触れ、幾星霜の時間を感じてほしい」としている。

 たるは原酒が漏れないよう、木目がまっすぐ走った高級材オークの希少な部位だけを使っており、時間の経過でウイスキーにまろやかな香味が出る。

 サントリーは1998年からたるを再利用した家具シリーズ「サントリー樽(たる)ものがたり」を販売して…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文653文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  4. 2歳女児がマンション15階から転落死 大阪・住之江
  5. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです