メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Sクライミング

野口ボルダリング2位 3大会連続メダル

女子ボルダリング準決勝に出場した野口啓代。決勝進出を決めた=共同

 スポーツクライミングの世界選手権第8日は14日、インスブルックで女子ボルダリングの決勝が行われ、ジャカルタ・アジア大会複合金メダルで29歳の野口啓代(TEAM au)が2位に入り、3大会連続でメダルを獲得した。21歳の野中生萌(同)は5位。

     6人で争われた決勝は各選手が4課題に臨み、野口は2完登をマーク。ボルダリングで前回2016年大会2位で、今季ワールドカップ(W杯)総合優勝の野中は完登なしに終わった。リードで2位だったヤンヤ・ガルンブレト(スロベニア)が優勝した。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
    2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
    3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
    4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
    5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです