メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相

「領土解決が先」強調 年内に露大統領と会談へ

安倍首相=東京都千代田区の日本記者クラブで2018年9月14日午前10時39分、梅村直承撮影

 安倍晋三首相は14日、ロシアのプーチン大統領が前提条件なしの平和条約の年内締結を呼びかけたことに関し、年内にプーチン氏と会談する意向を表明した。日本記者クラブの自民党総裁選の討論会で「プーチン氏が平和条約が必要だと(締結に)意欲を示したことは間違いない。11月、12月の首脳会談が重要になっていく」と語った。

 首相は「日本の立場は北方領土問題を解決し、平和条約を結ぶものだ」と改めて領土問題の解決を先行させる考えを強調。一方で「プーチン氏の言葉から、さまざまなサインを受け取らなければならない」とも述べた。

 11月はパプアニューギニアでアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議、シンガポールで東アジアサミット(EAS)が、11月末から12月にかけてはアルゼンチンで主要20カ国・地域(G20)首脳会議が予定されており、いずれも日露首脳の出席が見込まれている。これらの国際会議に合わせ、プーチン氏と会談することを想定している。

 自民党総裁選に立候補している石破茂元幹事長は14日夜、プーチン氏の発言を首相が平和条約への意欲の表れと語ったことについて「かなり無理がある」と指摘した。千葉市内で記者団の質問に答えた。【光田宗義、高橋恵子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. 一日警察署長 交通ルール守ってね AKB48・永野さん
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです