メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型アイフォーン

料金出そろう 携帯3社、予約開始

アップルが発表したスマートフォンの新商品「iPhone(アイフォーン)XSMax(テン・エス・マックス)」(左)と「XS(テン・エス)」=米西部カリフォルニア州で2018年9月12日、清水憲司撮影

 米アップルがスマートフォンの新商品「iPhone(アイフォーン)XS(テンエス)」など3機種を発表したことを受け、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯大手3社が14日、予約を開始するとともに、料金やサービスを発表した。21日以降、順次発売する。

 アップルの新モデルの端末価格が上昇しているため、携帯大手3社の価格も前年より高めとなっている。顧客の支払額を抑えるため、KDDIとソフトバンクは、スマホ端末を4年間の分割払いで購入し、2年間使った後に下取りに出して機種変更すると、残り2年分の支払いが免除される。NTTドコモは、2年契約すると月々の料金から2457円を割り引く。

 KDDIとソフトバンクは、固定電話とのセット割引など各種割引を組み合わせると、通話とデータ通信を合わせ、月2138円から新モデルが利用できる(端末代金は別)。NTTドコモも家族がドコモを使っていれば月1922円から使えるという。

 各社はほかに、家族が2台以上機種変更した場合の1台当たり最大5184円の割引(ドコモ)や大容量のデータが使えるプランの料金割引(KDDI、ソフトバンク)などの期間限定サービスを行い、利用者の取り込みを目指す。

 アイフォーンの販売では、これまでも他社の動向をみて自社の端末やサービス価格を引き下げることがあり、今後変わる可能性もある。【森有正】

iPhone XS(64ギガバイト)の端末代金

NTTドコモ   6万9984円

KDDI(au) 6万4320円

ソフトバンク   6万8400円

※割引や料金免除などを含んだ実質負担額。NTTドコモは2年契約。KDDIとソフトバンクは4年契約で端末価格と通信料の分離プランの場合。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る
  5. 自民党 石破氏「200票」に達するか注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです