メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FRB元議長

リーマン不況「金融パニックが主因」

バーナンキ氏

 【サンフランシスコ清水憲司】バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)元議長は13日、低所得者向け(サブプライム)住宅ローン問題に端を発した景気悪化が世界的な大不況に発展したのは、2008年の米投資銀行リーマン・ブラザーズ破綻後に高まった金融パニックが主要な原因だったとする論文を発表した。バーナンキ氏は当時のFRB議長。事実上のゼロ金利政策や量的緩和など前例のない大規模金融緩和の実施を迫られた。

 論文では(1)住宅バブル崩壊を受けた家計消費の減退(2)金融パニックで資金供給が凍り付く信用収縮の…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文585文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです