メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リーマン破綻10年

「もうかる商品危うい」元社員が語る

10年前のリーマン・ブラザーズ破綻当時を振り返るOrigamiの康井義貴社長=東京都港区の本社で2018年9月4日午後、小原擁撮影

 米投資銀行リーマン・ブラザーズが破綻してから10年。日本法人の元社員たちは「あの日」をどう迎え、何を学んだのか。それぞれの軌跡を追った。【小原擁】

 「10年前と同じ階、同じフロアで仕事することになるとは思わなかった。リーマン勤務時代はここでよく徹夜をしましたね」

 こう笑顔を見せるのは、スマートフォンを使った決済事業を手がける「Origami(オリガミ)」の康井義貴社長(33)だ。今年2月、リーマン日本法人本社があった「六本木ヒルズ」(東京都港区)の31階に本社を移転。新しいオフィスを探している時に偶然見つけた。

 早稲田大卒業後、2008年4月にリーマンに入社し、M&A(企業の合併・買収)業務を担当した。親会社…

この記事は有料記事です。

残り984文字(全文1293文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 黒部ダムカレー 愛され10年 年間5.7万食売り上げ
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. 観光バス 泡吹く運転手に気づき乗客が1キロ先で停止
  4. クックパッドニュース [作ってみた]話題の「ダムカレー」は〇〇を使えば簡単にできた!!
  5. 特集ワイド 昔なら罰当たり? ライトに“仏教”浸透中

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです