メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リーマン破綻10年

「もうかる商品危うい」元社員が語る

10年前のリーマン・ブラザーズ破綻当時を振り返るOrigamiの康井義貴社長=東京都港区の本社で2018年9月4日午後、小原擁撮影

 米投資銀行リーマン・ブラザーズが破綻してから10年。日本法人の元社員たちは「あの日」をどう迎え、何を学んだのか。それぞれの軌跡を追った。【小原擁】

 「10年前と同じ階、同じフロアで仕事することになるとは思わなかった。リーマン勤務時代はここでよく徹夜をしましたね」

 こう笑顔を見せるのは、スマートフォンを使った決済事業を手がける「Origami(オリガミ)」の康井義貴社長(33)だ。今年2月、リーマン日本法人本社があった「六本木ヒルズ」(東京都港区)の31階に本社を移転。新しいオフィスを探している時に偶然見つけた。

 早稲田大卒業後、2008年4月にリーマンに入社し、M&A(企業の合併・買収)業務を担当した。親会社…

この記事は有料記事です。

残り984文字(全文1293文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 2歳女児がマンション15階から転落死 大阪・住之江
  3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  4. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  5. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです