メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震

電力供給なお脆弱 早い冬がリスク

政府が試算した今後の需給と供給の見通し

 経済産業省と北海道電力が14日、地震後に北電管内で続けてきた2割節電目標を撤廃した。企業や家庭の節電意識が定着した上、新たに水力発電2基が稼働し「(電力の)需給バランスをある程度保てる」(世耕弘成経産相)と判断したためだ。一方で、家庭や企業に引き続き1割の節電努力を求めたのは、老朽発電所まで稼働させてかき集めた供給体制が脆弱(ぜいじゃく)だからで、電力不足の懸念は払拭(ふっしょく)されていない。

     北電管内の節電率は、10日から14日までおおむね10%台で推移。目標の2割には届かなかったが、経産省は「(9月の)地震前のピーク需要(383万キロワット)に対する供給力不足分の10%をほぼ上回っている」と説明。企業や家庭の間に10%節電の取り組みが定着したため、「2割」という数値目標を掲げる必要性は薄れたとの認識を示した。

     ただ、電力供給体制は盤石ではない。北電は9日時点で使える発電設備をかき集めて346万キロワット分を確保。14日までに京極水力発電所(北海道京極町)2基も動かして計40万キロワット分を上積み、9月の地震前のピーク需要を上回る水準にこぎ着けた。緊急時には自家発電設備を持つ企業が生産活動を後回しにして電力を提供する措置なども準備しており、最大420万キロワット超まで供給可能としている。

     だが、地震前は管内の需要の4割を賄っていた苫東厚真火力発電所(北海道厚真町)全3基は止まったままで、当面、「大黒柱」を欠く状況が続く。苫東厚真火力1号機が今月末以降に復旧する予定であることを理由に、経産省は「10月以降は電力需給が正常化する」と期待するが、気候が前年並みで発電所の大規模トラブルがないのが前提だ。

     北海道の電力需要は暖房などの使用が増える冬場がピークで500万キロワットを超える。経産省は道内の中期的な需給予想も公表し、寒さが厳しい12月のピーク需要516万キロワットに対し、供給力566万キロワットを確保できるとした。ただ、これも苫東厚真火力が計画通りに順次復旧するのが前提。北電の真弓明彦社長は14日の記者会見で「大型発電所のトラブル停止などの事態が生じれば、改めて節電目標を設定する」と述べ、冬場に向けて警戒感を示した。【和田憲二、野原寛史】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
    2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
    3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
    5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです