メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エジプト

セクハラに宗教界が警鐘 殺人など社会問題に

 【カイロ篠田航一】セクハラが社会問題となっているエジプトで、イスラム教スンニ派の最高権威機関アズハルがセクハラ行為について「自由や尊厳の侵害であり、イスラム法のハラーム(イスラム教で禁止の意味)にあたる」との声明を出した。国民の9割がイスラム教徒のエジプトで、宗教界が社会に警鐘を鳴らした格好だ。

 エジプトではセクハラを巡る口論がもとで殺人事件が起きるなど、深刻な社会問題になっている。

 地元メディアによると、北部アレクサンドリアの海岸で8月24日、女性に性的な言葉をかけた男と、女性の…

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  2. 羽生は11番目 フィギュアNHK杯男子滑走順決まる

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  5. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです