メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
北朝鮮

南北共同連絡事務所が開所 常駐で緊密化図る

南北共同連絡事務所の開所を祝う南北の高官ら=北朝鮮・開城で14日、AP

 【ソウル渋江千春】韓国と北朝鮮による南北共同連絡事務所が14日、北朝鮮側で開所した。双方の担当者が常駐し、南北交流や協力に向けて緊密化を図る。また平壌で18~20日開かれる首脳会談の準備のための実務会談も14日、板門店であり、会談の様子を含む重要日程が生中継されることが決まった。

 連絡事務所は、南北の経済交流の象徴でもある開城(ケソン)工業団地内に設置された。

 共同取材団によると、開所式で北朝鮮の李善権(リ・ソングォン)祖国平和統一委員長は「北と南の首脳らの…

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文896文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです