メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

藤井七段、山崎八段に敗れる 王位戦予選2回戦

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(16)は14日、大阪市福島区の関西将棋会館であった第60期王位戦予選2回戦で山崎隆之八段(37)に138手で負けた。藤井はデビュー以来2度目の連敗で、通算成績は89勝17敗となった。

 両者とも2回戦からの登場。将棋は藤井の先手番で、序盤に角を交換する「角換わり」の戦いになった。激しい攻防から、藤井が先に4時間の持ち時間を使い果たして1分将棋に。藤井は劣勢になりながらも激しく追い上げたが、あと一歩及ばなかった。

 山崎は22連勝の連勝記録(歴代4位タイ)を持ち、叡王戦やNHK杯戦など棋戦優勝8回の実力者。森信雄七段門下で対藤井戦初勝利となった山崎八段は「早いうちに1勝を返したいと思っていたのでよかった。終盤、駒が前に行くよう、攻め合いを意識したのがよかった」と話した。

 タイトル戦予選では初めての初戦敗退となった藤井七段は「序盤に積極的に指す順を見送って、少しずつ苦しくなった。力をつけることで乗り越えていきたい」と語った。【新土居仁昌】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  2. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 宮城県警 交番で警官刺され死亡、男撃たれ死亡 仙台

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです