メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生活保護

「減額は不当」集団審査請求呼び掛け 支援団体

 10月からの生活保護費引き下げを巡り、受給者の支援団体が14日、引き下げは不当として都道府県に減額処分取り消しを求める審査請求を全国の受給者に呼び掛けることを明らかにした。2013年の前回引き下げでは3万人近くが審査請求し、全員申し立てが認められなかったため、うち約1000人が裁判を起こした。今回も大規模訴訟に発展する可能性がある。

 政府は5年に1度、生活保護の受給額を見直している。今回は段階的に生活費相当分が国費ベースで160億…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです