メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん患者

最多86万人…大腸が胃抜き1位 14年診断

2014年に新規患者数が多かったがんの順位

 2014年に全国で新たにがんと診断された患者は過去最多の86万7408人だったと、国立がん研究センターが14日発表した。前年推計から約5000人増え、部位別では大腸が胃を上回って2年ぶりに最多となった。日本人に多い胃がんは2年連続で患者数が減り、衛生状態の改善により原因となるピロリ菌の保有者が減った影響と考えられる。

 例年のがん患者数は都道府県ごとのがん登録データから推計していたが、今回はデータの精度が高まったとして実数を公表した。

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副厚生労働相に三原じゅん子氏 がん克服 党女性局長など歴任

  2. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  3. オリックス開幕投手山岡 お待たせ今季初白星 6度目先発「これから全部勝つ」

  4. 「朝鮮かかってこい」 兵庫県サッカー協会事務局長が酒に酔い発言 7月に辞任

  5. ORICON NEWS 『夏目友人帳』新作アニメ制作決定、2021年初春上映 2つの短編エピソード

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです