メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

尼崎脱線

遺族「悲惨さ伝わらぬ」 慰霊施設に思い複雑

JR福知山線脱線事故現場に完成した「祈りの杜」=尼崎市で2018年9月14日午後3時9分、本社ヘリから望月亮一撮影

 兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故の現場に完成した慰霊施設。「事故の悲惨さが伝わらない」「追悼の場がようやくできた」。遺族には複雑な思いが交錯した。【近藤諭、生野由佳】

 「事故現場が別物になってしまった」。14日に慰霊施設を訪れた遺族の上田弘志さん(64)=神戸市北区=は、硬い表情で見つめた。次男昌毅さん(当時18歳)を亡くした。慰霊碑の前に立ったが、電車が激突したマンションは広葉樹や盛り土で隔てられ、一見分からない。「JR西は事故をしっかり伝える場所にすると言う。だが、これでは風化するだけだ」と語った。

 事故現場の保存方法について、JR西は遺族や負傷者にアンケートを行った。上田さんは「現状のままでなけ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  4. ピエール瀧容疑者に薬物譲渡疑い、通訳業の女を逮捕
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです