メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーTL

神鋼、サントリー破る

 ラグビーのトップリーグ(TL)第3節第1日は14日、東京・秩父宮ラグビー場で1試合が行われ、神戸製鋼が3連覇を狙うサントリーを36-20で破った。神戸製鋼に新加入した元ニュージーランド代表のSOダン・カーターが初出場し、1トライ、4PGなどで21得点の活躍を見せた。

    カーター観客魅了 王者を手玉、デビュー戦21得点

     一つのキック、一つのパスに歓声が湧き起こった。神戸製鋼に加入した元ニュージーランド代表の至宝、SOカーターのトップリーグ初戦は21点を挙げる派手なものだった。

     左足の正確なキックでPGを次々と決め、昨季の王者であるサントリーを手玉に取った。前半20分過ぎには自陣右サイドで外のハッティングにパスし、さらにボールを受けた中島がライン際を独走するとカーターも内を並走。ゴールまで約25メートルの地点で折り返しのパスを受けたカーターは、右中間へ駆け抜けた。

     相手の意表を突くプレーもカーターの持ち味だ。前回2015年ワールドカップ(W杯)では、オーストラリアとの決勝で後半に豪快なドロップゴールを決めて連覇を決定的なものにした。この日もキックパスでCTBバックマンにつなげ、スペースを見つければ、瞬時に加速し、防御を切り裂いた。

     国際統括団体ワールドラグビー(旧国際ラグビー機構)が選ぶ年間最優秀選手に05、12、15年と3度も輝いたカーター。デビュー戦となる可能性があった8日のサニックス戦(札幌)が地震で中止となった影響も、36歳の年齢も感じさせない。「パフォーマンスは良かった。久しぶりの試合でスキルを出せたことに驚いている」。W杯の開催まで1年に迫る日本ラグビー界を彩る顔が加わった。【大谷津統一】

    サントリー「密集で一気に持っていかれた」

     ○…サントリーが開幕3戦目で、黒星を喫した。集散の早い神戸製鋼の防御に苦しみ、持ち前の素早いパス回しからの攻撃を仕掛けられなかった。ターンオーバーからトライに持ち込まれる場面もあり、主将のSH流は「密集で一気に持っていかれた」と悔しがった。一方で、「次がある。この負けをどう生かすか」とも。ルーキーのWTB尾崎ら若手が多いチームだけに、この敗戦を成長へとつなげたい。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    4. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです