メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャニーズ

亀梨、タッキーを全力バックアップ「どういう時代をつくっていくのか楽しみ」(スポニチ)

 約2年の充電期間を経て今年再始動したKAT-TUNが14日、4年ぶりの全国ツアーの横浜公演を横浜アリーナで行った。今ツアーで関東地方で開催されるのは同公演だけ。

 所属するジャニーズ事務所を巡っては、滝沢秀明(36)が年内で芸能界を引退し、ジャニー喜多川社長(86)が手掛けるタレント育成、公演プロデュースを継承することを13日に発表したばかり。

 ジャニーズJr.時代から滝沢と交流が深い亀梨和也(32)は、開演前の取材で「Jr.の育成を全部滝沢くんに委ねるということでなく、自分もJr.と仕事をする中で経験を共有することができればと思うし、それを任せてもらえる自分たちでありたい」と、全力バックアップを誓った。

 KAT-TUNは、滝沢とともにジャニーズJr.の黄金期をけん引。04年に滝沢と今井翼(36)のユニット「タッキー&翼」が初海外公演となるタイ公演を行ったときも共演した。「僕らの世代を引っ張ってくれた存在。ジャニーさんのつくった伝統を受け継いでくれるのはうれしいし、どういう時代をつくっていくのか楽しみ」とエールを送った。

 また、ジャニー氏が13日に発表したメッセージを受け「タレントみんなが後継者という趣旨の言葉をいただいている」と、自らもジャニー氏の“イズム”を残す責務があると強調。ジャニー氏が構想を明かした養成所の設立について「先生として“行きま~す”というのはこっ恥ずかしいです」としつつ「“遊びにきてよ”って声が掛かれば行きたい」と笑顔で話した。

 この日は「Real Face♯2」などを披露。“ジャニーイズム”満載の華麗な演出で観衆を魅了した。(スポニチ)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  3. 唐沢寿明 “充電旅”再び! 出川哲朗と軽井沢へ きょう放送
  4. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです