メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒガンバナ

境内赤く染め 園児たちが観賞 弘前・最勝院 /青森

 五重塔で知られる弘前市の最勝院で、ヒガンバナが咲き始め、参拝者らの目を楽しませている。ヒガンバナ科の多年草で、別名「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」。布施公彰住職(57)が約16年前に群馬県の親戚から譲り受けて境内に植え、水やりをしたり、冬は雪囲いをしたりして育ててきた。

 今年は2週間ほど前から咲き始め、境内を…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文349文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  3. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです