メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
100歳以上

県内873人 高齢化率、前年比0.6ポイント上回る あす敬老の日 /大分

 県は敬老の日(17日)を前に、県内の100歳以上の高齢者らの状況を発表した。100歳以上は1日時点で873人(男性91人、女性782人)と、過去最多だった昨年より6人減少した。【白川徹】

 最高齢は1907(明治40)年2月14日生まれで111歳の日出町の氏名非公表の女性。男性の最高齢は1909(明治42)年12月12日生まれで108歳の大分市の壇上(だんじょう)伍郎さんで、県全体で9位だった。年齢の高い順に10人のうち9人を女性が占めた。今年度中に427人が100歳を迎える予定。

 100歳以上を市町村別でみると、大分市229人▽佐伯市83人▽別府市78人▽豊後大野市68人▽宇佐…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文817文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです