メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

将棋「編入組」の瀬川五段(その1) 遠回りして強くなる

 台風21号が日本列島に大きな爪痕を残して過ぎ去った5日朝。そこだけ別世界のように静寂が支配する将棋会館(東京都渋谷区)の一室に、目を閉じて対局開始を待つ棋士がいた。瀬川晶司(しょうじ)五段(48)。2005年に戦後初めて、棋士の養成機関「奨励会」とは違う道からプロ入りを果たした元サラリーマンだ。

 将棋盤を挟んで向かい合う今泉健司四段(45)も、介護職員から「奨励会ではない道」を経て15年にプロになった棋士だ。「瀬川さんがいなければ、今の私はなかった」と言い切る。

 将棋界では四段以上がプロ。奨励会に入るのも狭き門だが、三段リーグの死闘を勝ち抜けるのは毎年4人程度…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文763文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  3. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  4. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  5. 「しつけ…」小学校高学年の息子をバットで殴打の疑い 34歳逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです