メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

笑顔?の地方合同遊説 安倍氏、ご当地ネタを駆使/石破氏、首相批判に拍手も

自民党総裁選の街頭演説会で談笑する安倍晋三首相(右)と石破茂元幹事長=佐賀市で2018年9月15日午後5時5分、徳野仁子撮影

 自民党総裁選に立候補した安倍晋三首相(63)と石破茂元幹事長(61)による合同演説会が京都、佐賀両市であった。党員投票の締め切りが19日に迫る中、両氏がそろい踏みした地方での演説会は初めて。憲法改正や経済活性化などを訴えて党員票獲得を目指した。

 「私が恐れるのは、国民の心が自民党から離れていくことだ」。京都市内のホテルに集まった約1200人から最も大きな拍手が湧いたのは、石破氏が演説を締めくくったこの言葉だった。石破氏は説明責任の大切さを訴え、森友・加計問題などを巡る首相の対応を批判した。演説会の予定がない石破氏の地元・鳥取からも多くの支援者が駆け付け、石破氏は地方創生を掲げつつ「京都は伸びしろがある」とも訴えた。

 先に演説した安倍首相は「私は確かに至らない人間だ。改めるべきは改める」とこの日も低姿勢をアピール。…

この記事は有料記事です。

残り756文字(全文1118文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 高校野球 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです