メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチック危機

10河川からごみ9割 海洋汚染、新興国で排出 陸上の管理不適切 独研究所推計

主要10河川とその流出プラごみ量

 世界的に問題となっているプラスチックごみによる海洋汚染で、川から海に流れ込むプラごみの9割程度が、アジアとアフリカの計10河川を汚染源にしているとの研究結果を、ドイツの研究チームが明らかにした。新興・途上国を流れる「大河」が海に大きな負荷をかけていることになる。その一つ、メコン川(中国-インドシナ半島)の河口付近で、増え続けるプラごみが環境を汚す実態を目の当たりにした。

 独ヘルムホルツ環境研究センター(ライプチヒ)の研究チームは、米科学誌「エンバイロメンタル・サイエンス・アンド・テクノロジー」に昨年10月発表した論文で、川を経由して世界の海に流れ込むプラごみの88~95%の汚染源を10河川と推計した。陸上の不適切な廃棄物管理が原因で、約20億人が住む流域の新興国・途上国での早急な対策が求められる。

この記事は有料記事です。

残り1793文字(全文2147文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その1) 異業種派遣のJAL系社員 工場から見上げる空

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです