メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中古住宅

売買円滑化へ 「建物状況調査」を

 中古住宅を売買する際、専門家が建物の劣化具合を調査する「建物状況調査」が広がっている。4月施行の改正宅地建物取引業法で、不動産仲介業者は建物状況調査のあっせんの可否を示すことや、調査結果の説明が義務付けられた。中古住宅への不安を解消し売買後のトラブルを防ぐため、国は活用を呼びかけている。

 建物状況調査は国の基準に従い、建物の基礎や外壁のひび割れ、雨漏りなどの不具合を目視や機器で確認する。所要時間は2~3時間で、劣化の有無や具体的な状況を写真付きの報告書にまとめる。

 一般社団法人全国住宅技術品質協会理事で建物状況調査や雨漏り調査を多く請け負う「検NET」(東京都立…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文798文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 20代女性を窃盗容疑で誤認逮捕 松山東署、2日後に釈放
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 東海道新幹線の全区間、一時運転見合わせ 静岡で大雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです