メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

湯川豊・評 『変わったタイプ』=トム・ハンクス著、小川高義・訳

 (新潮クレスト・ブックス・2592円)

思い切った話し言葉できれいに語る

 そう、あのトム・ハンクスである。アカデミー賞主演男優賞二度受賞した俳優の最初の短篇集で全十七篇。原著が出版されたのは去年の秋、著者は六十一歳になっていた。

 ためしに、という感じで冒頭の「へとへとの三週間」を読む。

 「僕」が、アンナという若い女性に翻弄(ほんろう)されるのを語る。一種の風俗小説で、面白い。アンナは、精神的にも身体的にもエネルギーがあふれていて、暇さえあれば、走り、潜り、壁の岩登りまでする。ぐうたらの恋人である僕にもそれを強いて、僕は風邪をひいたりなどするが、許されない。夜だって、ふふふと笑いながら、僕の力を試しにくる。

 それでいて、僕のアフリカ系の友人がアメリカ市民になる儀式に大感激し、「あたし……この国が好き」と泣…

この記事は有料記事です。

残り1062文字(全文1418文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  3. 余録 米ワシントン、ポトマック河畔の桜は1912年…
  4. 先発は習志野・山内、日章学園・石嶋 第1試合は午前9時プレーボール
  5. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです