メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

前立腺がん摘出後に尿漏れ=答える人・増田均科長(国立がん研究センター東病院)

増田均科長(国立がん研究センター東病院 泌尿器・後腹膜腫瘍科)

 Q 前立腺がん摘出後に尿漏れ

 12年前に前立腺がんを全摘出した後、尿漏れが続いています。手術で器具を入れるのは避けたいのですが、他に治療法はありますか。(熊本県菊池市、男性、81歳)

 A 半年続けば手術を

 前立腺はぼうこうの出口にあり、摘出手術をすると、近くにある尿道括約筋(かつやくきん)と呼ばれる尿の「蛇口」を傷つけ、尿失禁になることがあります。前立腺全摘出は年間2万件ありますが、うち2~3%、約500人が重症の尿失禁になります。自然に改善する人もいますが、半年たっても漏れがひどい場合は、人工尿道括約筋を入れる手術を考えた方がいいでしょう。

 手術した方がいいかどうかは症状の程度によります。横になっている時は漏れは起きませんが、立っている時は重力のため、蛇口が締まっていないと漏れます。散歩の後に排尿できるかどうか確かめてください。散歩中にたくさん漏れてしまっている場合は、蛇口の機能が不全で重症です。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文946文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです