メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾

住民投票の請求相次ぐ 政権が要件緩和

住民投票を請求するため、中央選挙委員会に届けられた大量の署名簿=台北市で2018年9月5日、福岡静哉撮影

 【台北・福岡静哉】台湾で住民投票の請求が相次いでいる。蔡英文政権が請求要件を緩和したためで、計10件の署名簿が提出された。署名簿の審査を経て、投票は11月24日の統一地方選と同時に実施される見通し。住民投票法は総統に対し、投票結果の実現のため必要な措置をとるべきだと定めている。蔡政権の方針と異なる結果が出れば難しい対応を迫られる。

 蔡政権は市民の政治参加を促すとして、住民投票の請求に必要な署名を有権者の5%から1.5%に引き下げ、投票の成立要件も投票率50%から25%へ緩和する改正法を昨年、成立させた。台湾では過去にも数回、住民投票が実施されたことはあるが、投票率50%の壁に阻まれ、一度も成立していない。

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文794文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです