メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震

道内観光影響292億円 被害さらに拡大か

 北海道胆振(いぶり)地方を震源とする最大震度7の地震で、北海道は15日、地震後に道内宿泊施設をキャンセルした観光客は少なくとも94万2000人、金額は117億2500万円(13日時点)に上ると発表した。観光バスのキャンセルなど観光全体では計123億8900万円。飲食・土産物消費などを合わせると、約292億円に達するとの推計も示した。影響は今後拡大する見通しで、観光が主要産業の北海道経済にとって大きな打撃になりそうだ。

     道によると宿泊以外のキャンセル状況は、観光・体験施設6万9000人(2億5000万円)▽フェリー・遊覧船2万2000人(4000万円)▽観光バス4000台(3億7400万円)。一方、地震による建物の被害は、宿泊・観光施設6件と道の駅1件にとどまっている。

     調査は、道と観光業界団体などが地震後に設置した「観光被害対策連絡会」が実施。道がまとめた2017年度の宿泊者数は1883万人で、今回のキャンセル人数はその5%に及ぶ。10月4日までに同様の調査を3回行う。

     宿泊客のキャンセルについては、日本旅館協会北海道支部連合会の浜野浩二会長が13日の毎日新聞の取材に対し、「少なくとも50万人以上に上り、影響額は100億円に達する」と説明していた。【三沢邦彦】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
    2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
    3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
    4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
    5. ホテルルートイン 益田に きょう開業 /島根

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです