メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外JOC竹田会長が退任表明 6月の任期満了で
かき船訴訟

原爆ドーム前で酒食は 広島地裁、19日判決

原爆ドームから約200メートルの元安川に浮かぶかき船(手前)=広島市中区大手町1で2018年9月12日、小山美砂撮影

 世界遺産・原爆ドーム(広島市中区)から約200メートルの元安川で特産のカキ料理を提供している「かき船」を巡り、被爆者らが国に対し、運営会社への河川占用許可の取り消しを求めた訴訟の判決が19日、広島地裁で言い渡される。被爆者らは「ドームは鎮魂と平和を祈る場で、営業はその価値を損なう」と主張するが、「歴史ある文化で貴重な観光資源」と擁護する声もあり、司法の判断が注目される。【小山美砂】

 かき船は川に係留した船でカキ料理や酒を出す。江戸時代に大阪までカキを運んでいた広島のカキ販売業者が…

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1087文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  3. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  4. 「いだてん」ピエール瀧容疑者の代役は三宅弘城さん
  5. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです