メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日光白根山

噴火ハザードマップ公表 降灰、湯元で10センチ想定 /栃木

 栃木、群馬両県にまたがる日光白根山(標高2578メートル)の噴火を想定したハザードマップの素案が初めて公表された。これまでも被害想定について議論は行われてきたが、今回の素案では火山灰の流れる方向や、土石流の被害想定範囲を新たに示した。対策を検討する火山防災協議会は、2019年度中に避難経路などを示した「火山防災マップ」をまとめる方針。【野田樹】

 日光白根山は気象庁の常時観測火山で、16年に噴火警戒レベルが導入された。現在はレベル1(活火山であ…

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文774文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです