連載

支局長からの手紙

毎日新聞デジタルの「支局長からの手紙」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

支局長からの手紙

幻のバレエ作品 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 黒髪を結い、扇子を広げながらバレエ服の上に着物を羽織った女性。19世紀後半に仏国で上演されたバレエ作品「ル・レーヴ(夢)」のポスターです。当時の欧州ではジャポニズムという日本趣味が流行していました。ポスターの絵柄は正直なところ滑稽(こっけい)な感じですが、日本文化に関心が持たれていたことが想像できます。

 この作品が7月27日、ロームシアター京都(京都市左京区)で京都バレエ団(同)により仏国立パリ・オペラ座のトップダンサーを招いて上演されました=写真・写真家の瀬戸秀美さん撮影。1890年代の上演以降、眠ったままだった「幻の作品」でしたが、約130年を経て再現される様を生で見つめました。

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文1066文字)

あわせて読みたい

注目の特集