メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おおさかの市民パワー

ひとしごと館 有償ボランティアがお手伝い 地域の困りごと解決 /大阪

会員と談笑するひとしごと館のスタッフら=大阪市浪速区敷津西1で、中尾卓司撮影

 <福祉・保健><まち・雇用><環境・資源><子ども・教育><国際・共生>

 住民一人一人が想(おも)いをカタチにして、地域の困りごとを解決する場が「ひとしごと館」(大阪市浪速区)だ。得意な分野や特技を生かした有償ボランティアの「お手伝い」で困っている人を支える活動を展開する。定年退職したシニア世代を中心に、誰もが輝ける活躍の場を目指している。

 NPO法人コトハナが浪速区の委託事業として、2016年2月に開館。区の委託が終わった後も、コトハナが自主的に運営を続けている。

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1357文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです