メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「犬神博士」連続公演

夢野久作の冒険譚に新風 箱崎水族館喫茶室、あすから来年3月まで /福岡

 福岡市出身の作家、夢野久作の冒険活劇「犬神博士」を朗読などで演じるシリーズの第1回目が、18日午後7時半から東区箱崎の箱崎水族館喫茶室で開かれる。箱崎は、夢野の代表作「ドグラ・マグラ」や本作などに登場するゆかりの地。朗読劇や郷土芸能の「博多仁和加(にわか)」を駆使して冒険譚(たん)に新風を送り込む。

 「犬神博士」は1931年から翌32年に福岡日日新聞(現西日本新聞)に連載された未完の小説。貧しい芸…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 県警少年課 「パパ活」「ママ活」に待った! 県警少年課、ツイッターアカウント開設 投稿に「大変危険」返信 /埼玉

  3. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  4. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  5. 見る探る 記者が働いていた新宿ゴールデン街を歩く 知られざる昭和の空間と変化の波

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです