メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

樹木希林さん 75歳=女優

個性的演技で存在感

 テレビドラマ「寺内貫太郎一家」(TBS)や映画「わが母の記」(2012年)などの個性的な演技で高い評価を集めた女優の樹木希林(きき・きりん、本名・内田啓子=うちだ・けいこ)さんが15日、死去した。75歳。葬儀は30日午前10時、東京都港区南麻布4の11の25の光林寺。

 東京・神田生まれ。文学座研究生の1964年、TBSドラマ「七人の孫」に悠木千帆の芸名で出演。66年に文学座を離れ、77年に樹木希林に改名した。TBSの演出家、久世光彦さんと組んだドラマ「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」「ムー」「ムー一族」などでは、若いながらも老け役を演じて親しまれた。「ムー」主演の郷ひろみさんとデ…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです