メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

岩手県大槌町は三陸沿岸にある漁業の町だ…

[PR]

 岩手県大槌(おおつち)町は三陸沿岸にある漁業の町だ。東日本大震災では当時の町長ら1200人以上が津波の犠牲となった。沿岸は壊滅状態となり、土地かさあげなど復興の途上にある。その大槌で再建を応援しようと、一人の住民が新聞を発行し続けている▲菊池由貴子さん(43)が編集している「大槌新聞」で、震災翌年の2012年6月に創刊した。4ページで原則月4回発行し、今週でちょうど300号を迎える。記事はすべて菊池さんが取材し、復興に関する行政情報はもちろん、少年野球チームの活躍まで幅広い▲震災後菊池さんは町の臨時職員として働いていたが、住民に身近な情報を伝えたいという思いから新聞作りを始めた。最初は希望する人に配るなどしていたが、町の支援事業として認められ、NPOなどを通じて全戸に無料配布された▲町の補助が終了してからは、社団法人による有料販売に切り替えて発行している。編集だけでなく営業、事務まで一人でこなす「一人新聞社」だ▲被災した旧町役場の庁舎保存問題など、町民の意見が分かれるテーマも取り上げている。有料化に伴い部数は減り、一人作業は体力的にきつい。それでも「体とお金がもつ限り、がんばりたい」と意気ごむ▲豪雨、地震と相次ぐ各地の災害に「被災地の住民として、各地から寄せられる支援のありがたさは本当にわかる」と菊池さん。毎号必ず載せている「大槌は絶対にいい町になります」との標語は、全国から続く復興支援に対する感謝の言葉でもある。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

    2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

    3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

    5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです