メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

語るほど伝わらない=山田孝男

山田孝男・特別編集委員

 石破茂は遠慮し過ぎではないか。自民党の再生、活性化を唱えて出馬した割に腰がひけている。

 総裁選候補者討論会(14日、日本記者クラブ)を傍聴してそう思った。はっきり言い切って終盤を引き締めてもらいたい。

     ◇

 石破のあいまいさが気になったのは、「財務省で公文書の改ざんが暴かれたのに、麻生太郎財務相が責任を取らなかったことをどう思うか」という質問に答えたくだりだった。

 石破は麻生の進退に触れず、森友、加計(かけ)問題を「政権与党として真摯(しんし)に受け止める」と受け流し、ノレンに腕押しだった。

この記事は有料記事です。

残り1074文字(全文1326文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もっと受け入れろ」と苦情も コロナ患者受け入れホテルはいま

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです