メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南北首脳会談

サムスントップ訪朝へ 経済協力を重視

 【ソウル堀山明子、渋江千春】韓国青瓦台(大統領府)の任鍾〓(イムジョンソク)大統領秘書室長は16日、平壌で18~20日に開かれる第3回南北首脳会談に同行する特別随行員52人の中に、サムスングループの事実上の経営トップ、サムスン電子の李在鎔(イジェヨン)副会長ら財閥幹部を加えたと明らかにした。任氏が呼びかけた国会・政党特別代表団は保守系野党の拒否で不発に終わり、革新系政党だけ参加することになった。準備のための先発隊は16日、陸路で平壌入りした。

 特別随行員は、閣僚や青瓦台幹部で構成する公式随行員(14人)とは別枠で、政治、経済、学界、市民社会…

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文975文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  2. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  3. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 軽量タイヤホイール 熱可塑性カーボンで従来の半分 赤磐の板金加工会社が開発 数年後の量産化へ /岡山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです