メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「交代制勤務で長時間労働が緩和され、育児中の医師も夜勤に入ることが可能になる」と話す木戸道子・第一産婦人科部長=東京都渋谷区の日本赤十字社医療センターで、大和田撮影

 不正入試が明らかになった東京医科大で女子の合格者数が抑えられた理由に、長時間労働の目立つ診療科で女性医師が離職しやすいことが挙げられた。医療現場では、働き方の工夫でこの課題を乗り越えようとする動きがある。

 ●病院移り継続

 東京都内の総合病院で働く外科医の女性(54)は、大学病院勤務医の夫との間に中3と小4の子どもがいる。夫と同じ病院にいたが第1子の出産後、子育てへの配慮は難しいと言われ、現在の病院に移った。

 週1回の当直の日は、埼玉県から母を呼んで子どもの世話を頼んだ。第2子の育児休業復帰直後は当直を免除…

この記事は有料記事です。

残り1137文字(全文1393文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

  2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

  3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

  4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

  5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです