メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者ノート

熱中症対策 教員の意識は?

 群馬県伊勢崎市の中学校で昨年8月、駅伝の練習中に女子生徒が熱中症で倒れ、意識不明の重体になった。生徒は奇跡的に回復し、今年度から学校に復帰したものの、後遺症で足に障害が残った。市教委が事故の検証のために設置した第三者委員会は「熱中症の危険性について教員に周知されてはいたが、十分な理解がされていない」と指摘した。

 群馬県では秋の地区大会へ向け多くの中学校が夏休みや2学期に、部活動とは別に、駅伝の練習をしている。…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文515文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 米探査機 小惑星に「水」 米版はやぶさが観測
  3. 医療用麻薬乱用容疑、40代女性医師が死亡 仙台中央署が書類送検へ
  4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  5. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです