メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者ノート

熱中症対策 教員の意識は?

 群馬県伊勢崎市の中学校で昨年8月、駅伝の練習中に女子生徒が熱中症で倒れ、意識不明の重体になった。生徒は奇跡的に回復し、今年度から学校に復帰したものの、後遺症で足に障害が残った。市教委が事故の検証のために設置した第三者委員会は「熱中症の危険性について教員に周知されてはいたが、十分な理解がされていない」と指摘した。

 群馬県では秋の地区大会へ向け多くの中学校が夏休みや2学期に、部活動とは別に、駅伝の練習をしている。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです