メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者ノート

熱中症対策 教員の意識は?

 群馬県伊勢崎市の中学校で昨年8月、駅伝の練習中に女子生徒が熱中症で倒れ、意識不明の重体になった。生徒は奇跡的に回復し、今年度から学校に復帰したものの、後遺症で足に障害が残った。市教委が事故の検証のために設置した第三者委員会は「熱中症の危険性について教員に周知されてはいたが、十分な理解がされていない」と指摘した。

 群馬県では秋の地区大会へ向け多くの中学校が夏休みや2学期に、部活動とは別に、駅伝の練習をしている。全国優勝の実績もあり、群馬の「駅伝熱」は高い。練習も過熱傾向にあり、運動部の部員は半ば強制的に参加させられている。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もっと受け入れろ」と苦情も コロナ患者受け入れホテルはいま

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです