メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

フリーアドレスで創造的に

カフェゾーンで仕事をする金田謙祐さんの後ろにはキッチンスペース。窓に向いた席や、形が異なるソファもある=東京都港区のユーグレナで、田村佳子撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 決まった席をオフィスに作らない「フリーアドレス」を導入する企業が増えている。単に働く場所が変わるだけでなく、さまざまな副次的効果があるという。現場を訪ねた。

 ●座席は気分次第

 バイオベンチャー「ユーグレナ」(東京都港区、従業員約150人)に勤める金田謙祐さん(29)は、出社するとロッカーからパソコンを取り出し、「足の向くまま」に席を決める。一般的なワーキングスペースか、もう少しリラックスしたカフェゾーンか。それとも個々の机が吸音壁で囲われた会話禁止の「集中スペース」か。その日の仕事や気分次第。同じ場所に終日いる時もあれば、移動することもある。「同じ場所にいるよりも発想が切り替わり、良いアイデアを思いつきます」

 実は、フリーアドレスには良い印象がなかった。以前勤めた会社がスペースを省くために導入したところ、出社しても空きがないことがあって不便だったからだ。だが今は、多様な空間が用意され、自由度が高い。移動のたびに荷物を片付ける手間はかかるが、「メリットの方がずっと大きく、楽しい」と満足げだ。

この記事は有料記事です。

残り1913文字(全文2381文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡99.8%、東京98% 新規感染減に不可欠な「行動抑制率」 専門家が試算

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 外出自粛で追い込まれる個人経営の飲食店 業界関係者が応援サイト立ち上げ

  4. 中1女子被害 強制わいせつ容疑者の動画 小倉北署公開

  5. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです