メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

フリーアドレスで創造的に

カフェゾーンで仕事をする金田謙祐さんの後ろにはキッチンスペース。窓に向いた席や、形が異なるソファもある=東京都港区のユーグレナで、田村佳子撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 決まった席をオフィスに作らない「フリーアドレス」を導入する企業が増えている。単に働く場所が変わるだけでなく、さまざまな副次的効果があるという。現場を訪ねた。

 ●座席は気分次第

 バイオベンチャー「ユーグレナ」(東京都港区、従業員約150人)に勤める金田謙祐さん(29)は、出社するとロッカーからパソコンを取り出し、「足の向くまま」に席を決める。一般的なワーキングスペースか、もう少しリラックスしたカフェゾーンか。それとも個々の机が吸音壁で囲われた会話禁止の「集中スペース」か。その日の仕事や気分次第。同じ場所に終日いる時もあれば、移動することもある。「同じ場所にいるよりも発想が切り替わり、良いアイデアを思いつきます」

 実は、フリーアドレスには良い印象がなかった。以前勤めた会社がスペースを省くために導入したところ、出社しても空きがないことがあって不便だったからだ。だが今は、多様な空間が用意され、自由度が高い。移動のたびに荷物を片付ける手間はかかるが、「メリットの方がずっと大きく、楽しい」と満足げだ。

この記事は有料記事です。

残り1913文字(全文2381文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです