メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

フリーアドレスで創造的に

カフェゾーンで仕事をする金田謙祐さんの後ろにはキッチンスペース。窓に向いた席や、形が異なるソファもある=東京都港区のユーグレナで、田村佳子撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 決まった席をオフィスに作らない「フリーアドレス」を導入する企業が増えている。単に働く場所が変わるだけでなく、さまざまな副次的効果があるという。現場を訪ねた。

 ●座席は気分次第

 バイオベンチャー「ユーグレナ」(東京都港区、従業員約150人)に勤める金田謙祐さん(29)は、出社するとロッカーからパソコンを取り出し、「足の向くまま」に席を決める。一般的なワーキングスペースか、もう少しリラックスしたカフェゾーンか。それとも個々の机が吸音壁で囲われた会話禁止の「集中スペース」か。その日の仕事や気分次第。同じ場所に終日いる時もあれば、移動することもある。「同じ場所にいるよりも発想が切り替わり、良いアイデアを思いつきます」

 実は、フリーアドレスには良い印象がなかった。以前勤めた会社がスペースを省くために導入したところ、出…

この記事は有料記事です。

残り2006文字(全文2381文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです