メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

「知りたい」に応える調査を いじめ第三者機関

報告書の答申後、記者会見する青森市いじめ防止対策審議会の委員たち=青森市で2018年8月2日、一宮俊介撮影

 <kyoiku no mado>

 2013年施行のいじめ防止対策推進法に基づき、「重大事態」と判断された自殺の原因などを調べる第三者機関が、遺族の信頼を失う例が後を絶たない。青森県内では16年8月、東北町と青森市の中学生2人がいじめ被害を訴え相次いで自殺。それぞれ今年3月と8月に調査を終えるまでに、遺族の求めで再調査が行われたり、第三者機関が解散したりした。二つの事例を軸に、調査体制の課題を探った。【一宮俊介、夫彰子】

この記事は有料記事です。

残り2341文字(全文2553文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 交番襲撃
  3. 逮捕の男、名前以外黙秘 山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 交番襲撃 
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです