メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・それホント?

女性検事増加、全体の4分の1に 先輩の姿、修習生後押し

「検事の仕事が好きなので、ずっと続けたい」と話す東京地検刑事部の山本未来さん=東京地検の模擬取調室で、稲田佳代撮影

 事件の発生に左右される激務の検事。2000年3月末時点では1割に満たなかった女性が、18年3月末には約4人に1人の482人まで増えた。司法分野の裁判官や弁護士よりも、女性の多い職場になっている。

 酷暑が和らいだ9月上旬。日比谷公園に隣接する東京地方検察庁で、11年任官(64期)の東京地検刑事部検事、山本未来(みく)さん(33)が出迎えてくれた。胸元には朝日に菊の花弁と金色の葉をあしらった「秋霜烈日」のバッジ。厳正な職務を、秋におりる霜と夏の厳しい日差しに例えたとされる。

 「女性検事は性格がきつそうなイメージがあるみたいで」と話す山本さんの笑顔は柔らかい。警察の捜査を指…

この記事は有料記事です。

残り1339文字(全文1627文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 公取委ジャニーズ注意 テレビ局と芸能事務所の不均衡な関係にくさび

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです