メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

カツ丼×早稲田 学生街の顔、静かに幕

イラスト 佐々木 悟郎

 客が途切れた夕方、店主の加藤浩志さん(57)が手を止めた。カツ丼も売り切れ、そろそろと考えていた。「のれん入れるか」。7月末、東京・早稲田の老舗そば屋「三朝庵(さんちょうあん)」が静かに歴史を閉じた。

 ともに店を切り盛りした母が5月に体調を崩した。「従業員も70代。見かねたお客さんがお盆の上げ下げまで手伝うようになって」。5代目の浩志さんはそう語る。

 1世紀以上を大学と歩んだ。都内でそば屋をしていた初代、朝治郎が明治後半、早稲田に新しい店を開いた。大学の創設者で地主だった大隈重信から「庵と付けるのがはやり」と助言され、三朝庵と名乗る。大学の百年史には「大隈は政界多忙の身ながら努めて学生の訪問を受け、必ずそばをふるまった。三朝庵が明治39年に『大隈家御用達』の看板を受けたのもこのそばが取り持つ縁」と残る。

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文1053文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 東京で新たに131人感染 20代と30代で約100人

  4. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  5. 大阪で新たに17人の感染確認、16人が10~30代 京都でも9人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです