メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

カツ丼×早稲田 学生街の顔、静かに幕

イラスト 佐々木 悟郎

 客が途切れた夕方、店主の加藤浩志さん(57)が手を止めた。カツ丼も売り切れ、そろそろと考えていた。「のれん入れるか」。7月末、東京・早稲田の老舗そば屋「三朝庵(さんちょうあん)」が静かに歴史を閉じた。

 ともに店を切り盛りした母が5月に体調を崩した。「従業員も70代。見かねたお客さんがお盆の上げ下げまで手伝うようになって」。5代目の浩志さんはそう語る。

 1世紀以上を大学と歩んだ。都内でそば屋をしていた初代、朝治郎が明治後半、早稲田に新しい店を開いた。…

この記事は有料記事です。

残り826文字(全文1053文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 敷きっぱなしの布団に雑魚寝 同じ皿を回し食事 結核発症の実習生
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 蒼井優さんが追突事故
  5. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです