メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

影山貴彦のテレビ燦々

おっさん力に感動「不惑のスクラム」 目を引く萩原健一の存在感

 日々の悩みや惑いから解放されることはないのが人間だと思う。「四十にして惑わず」と「論語」にはあるが、自らを振り返って、「不惑」どころか、「多惑」では? と感じているのは私だけだろうか。「五十にして天命を知る」(知命)ことも程遠く、じたばたと毎日を生きているのが正直なところだ。

 そんな私たちの心に染み入るドラマが、1日から放送されている。「不惑のスクラム」(NHK総合)だ。原作は、安藤祐介の長編小説。30分という長さが実にいい。7回の放送予定なので、お気づきでない方は、ぜひ早めにご覧になることをお勧めする。

 不幸な偶然から人の命を奪い、5年の服役を終えて刑務所から出所した主人公、丸川良平(高橋克典)。事件…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです