メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震

イベント自粛を警戒 「旅行で復興応援を」

 北海道の道央部を中心に最大震度7を観測した6日未明の地震で、秋の行楽シーズンを前に北海道の主要産業である観光への打撃が深刻化している。国内外からの旅行のキャンセルに加え、各種イベントの中止も相次いでいるためで、「北海道旅行で復興を応援して」との声も出始めた。

 2016年4月の熊本地震で大きな被害が出た熊本市の大西一史市長は14日、ツイッターで「連休に良ければ北海道に観光に行ってください。泊まっておいしいものを食べるだけで復興支援です」と呼びかけた。当時、地震の影響のない九州各地でキャンセルが相次いだ苦労も披露した。

 秋の北海道は本来、国内外からの観光客のかき入れ時。飛行機など交通や宿泊施設は通常の状態に戻りつつあるが、打撃は深刻だ。道は15日、ホテルなど宿泊客94万2000人がキャンセルし、被害額は推計292億円に上ると発表。キャンセルは今後も増える見通しだ。

 イベントの中止も相次ぎ、7日の札幌ドームでのサッカー日本代表の国際親善試合など地震直後だけでなく、15日の「ウィンタースポーツの集い」(札幌市)や、マグロ解体ショーが人気の16日の「札幌市中央卸売市場消費拡大フェア」(同)などが来場者の安全確保や余震などを理由に中止になった。一方で、開幕日を7日から15日に遅らせた同市の「さっぽろオータムフェスト」など実施するイベントも一部ある。

 菅義偉官房長官は14日、北海道の安全情報発信で外国人観光客数の回復を図り、今週末に海外15カ国の旅行業者やメディア関係者による道内視察も実施するとした。高橋はるみ知事も「豊穣(ほうじょう)の秋に各種イベントの自粛が続くが、一定程度イベントをやってほしい」と呼びかけ、自粛の行きすぎを警戒した。

 こうした中、主要観光地は寄付や値下げで観光客の呼び戻しを目指している。小樽市の小樽観光協会は、1泊の宿泊費1人当たり100円を被災地への寄付金に充てる「北海道応援プラン」を市内8カ所の宿泊施設で開始。月末までに10万円の寄付額が目標で、「今は元気に営業していると知ってもらいたい」と担当者。

 札幌市郊外の定山渓(じょうざんけい)温泉も、定山渓観光協会の9施設が30日まで日帰り入浴を半額に、17日の予約からは1泊した大人1人あたり2000円分のクーポンを提供。地震後大幅に料金を値下げする施設もあるといい、「クーポンを使えばさらにお得に宿泊できる」とアピールする。【山下智恵、三瓶杜萌】

北海道内で対応が割れた各イベント

【中止】

・13~16日 男子ゴルフツアー「ANAオープン」(北広島市)

・15日   ウィンタースポーツの集い2018秋(札幌市)

・16日   札幌市中央卸売市場消費拡大フェア2018(札幌市)

・16・17日 インディアン水車まつり(千歳市)

【延期・規模縮小】

・7~30日→15~30日 さっぽろオータムフェスト2018(札幌市)

・17日 阿寒丹頂の里まつり(釧路市)※野外ステージイベントなどを中止し縮小

【予定通り実施】

・22、23日 石狩さけまつり(石狩市)

・23日   厚田ふるさとあきあじ祭り(石狩市)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです