メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの人に会った

歌手 横山だいすけさん

 ◆いにったひと

     細井礼ほそいれいさん(ひだり)(東京都品川区立小山小とうきょうとしながわくりつこやましょうねん

     細井大河ほそいたいがさん(みぎ)(同小どうしょうねん

     細井悠馬ほそいゆうまさん(みぎから2ふたり)(年少ねんしょう

    うたうことが大好だいす

     昨年さくねんはるにNHKEテレ「おかあさんといっしょ」の「うたのおにいさん」を卒業そつぎょうした横山よこやまだいすけさんが、「映画えいが おかあさんといっしょ はじめての大冒険だいぼうけん」(公開中こうかいちゅう)にゲスト声優せいゆうとして出演しゅつえんしています。番組ばんぐみ人形劇にんぎょうげき「ガラピコぷ~」がアニメになり、ロボットのゴムリのこええんじました。毎小特派員まいしょうとくはいん細井礼ほそいれいさんとおとうと大河たいがさん、悠馬ゆうまさんがインタビューしました。

     大河たいがさん どうしていつものこえとゴムリのこえちがうんですか。

     横山よこやまさん だいすけおにいさんのこええんじると、ているひとは「ゴムリは、だいすけおにいさんなのかな」とおもってしまいます。ゴムリにはゴムリのこえがあります。

     れいさん 練習れんしゅうはどれくらいしましたか。

     横山よこやまさん たくさんしました。ゴムリはロボット。どんなこえし、どうやってしゃべるかかんがえました。ガラピコもロボットなので、「おかあさんといっしょ」をてロボットのしゃべりかたわらかた勉強べんきょうしました。こえでゴムリにいのちむのはむずかしかったです。

     れいさん 「うたのおにいさん」になろうとおもったきっかけは。

     横山よこやまさん ちいさいころからうたうことがきでした。どももきで、きなことを仕事しごとにしたいとおもっていました。それは幼稚園ようちえん保育園ほいくえん先生せんせいかなとおもっていたとき学校がっこうからいえかえったら「おかあさんといっしょ」がテレビでながれていました。うたのおにいさんやおねえさんがどもたちとうたうのをて、「これだ」とおもいました。みんなと一緒いっしょうたえるし、テレビをとおしていろんなひとたちにうたとどけられるとおもいました。

     大河たいがさん どうしてやめてしまったのですか。

     横山よこやまさん 大河たいがくんは幼稚園ようちえん卒園そつえんして小学生しょうがくせいになったよね。おなじようにおにいさんも、「おかあさんといっしょ」を卒業そつぎょうするときたからです。卒業そつぎょうしてから環境かんきょうはガラッとわりましたが、そのなかきるかくとなっているのが、どもたちとうたうこと。元気げんきたのしさをとどけられる存在そんざいになりたい。つね挑戦ちょうせんこころつづけたいです。

     大河たいがさん きなことや趣味しゅみなんですか。

     横山よこやまさん お風呂ふろはいるのが大好だいすきです。映画えいがるのもき。どものときから、いっぱい映画えいがれてってもらいました。今回こんかい、「おかあさんといっしょ」の映画えいがられて、「ただいま」とかえってきたようでうれしかったです。【まとめ・篠口純子しのぐちじゅんこ

    ってみて…

     れいさん 卒業そつぎょうしても、やさしさや笑顔えがおわっていません。ちいさいころからていたので、うれしかったです。

     大河たいがさん うたっているところがきです。緊張きんちょうしたけれど、たのしくはなせました。


     1983年生ねんうまれ、千葉県出身ちばけんしゅっしん国立音楽大学音楽学部声楽学科くにたちおんがくだいがくおんがくがくぶせいがくがっか卒業そつぎょう。2008~17ねんはるに11代目だいめ「うたのおにいさん」をつとめました。ミュージカルコンサート「だいすけおにいさんの世界迷作劇場せかいめいさくげきじょう2018-19」を開催中かいさいちゅう


     このコーナーは、毎小特派員まいしょうとくはいんのみなさんと取材しゅざいします。直接会ちょくせつあって質問しつもんしてみたいひと名前なまえをはがきにいて(あなたの名前なまえ住所じゅうしょ電話番号でんわばんごう学年がくねんもね)、〒100-8051(住所じゅうしょはいりません)毎日小学生新聞まいにちしょうがくせいしんぶんいたい」がかりまで。特派員とくはいん登録とうろくは「特派員とくはいんがかりまで。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
    2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
    3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
    4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
    5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです