メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台裏へようこそ

合唱指揮者 三澤洋史

音楽と歌詞の両面から合唱団を導く=新国立劇場リハーサル室で、宮本明登撮影

オペラを支える調整役

 「『エス・レーベ』は、イタリア語の『ビバ』。命永かれ……日本で言う『万歳』で、権力者をたたえる表現は万国共通だね。つまり、ここの歌詞は『ザラストロよ万歳』という意味になります。ザの発音は、日本語よりも柔らかく。サと歌わせる先生もいたよ」

 東京・新国立劇場のリハーサル室。オペラシーズンの開幕を飾るモーツァルトの「魔笛」(10月3~14日)に向けた合唱団の稽古(けいこ)は、ドイツ語講座のようでもあった。指揮棒を振って歌詞の意味や発音を解説し、音程・音量の指示をするのは同劇場専属の合唱指揮者、三澤洋史(ひろふみ)だ。時にピアノを鳴らしながらの名調子で、男声・女声の分厚いコーラスを整えていく。

 手腕を買われ、独バイロイト音楽祭での合唱指導も経験した。現地人に発音を教えるほど、ドイツ語に堪能。…

この記事は有料記事です。

残り1540文字(全文1897文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです