メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・なにコレ!?

夏祭り、現金払いせずに 仮想通貨、飲食も投げ銭も

屋台での買い物に、スマートフォンで二次元コードを読み込み仮想通貨決済を行う記者=東京都世田谷区の用賀サマーフェスティバルで

 夏の日差しに照らされる駅前。多くの出店が並び、ステージでは子供たちが元気にダンスを披露する。先月25、26日に用賀くすのき公園(東京都世田谷区)で、「用賀サマーフェスティバル」が開催された。今回で14回目になる、このお祭り。今年新たな取り組みとして「仮想通貨決済」を導入するということで取材した。【成城大・風間健、写真は昭和女子大・小林千尋】

 用賀サマーフェスティバルは地域にゆかりのある大学生主催の夏祭り。来場者は毎年1万5000人を超える…

この記事は有料記事です。

残り1189文字(全文1411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

  4. 「失念していた」新幹線駅トイレに拳銃置き忘れの女性巡査長 兵庫県警

  5. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです