引きこもり・ニート

対策 若者の社会復帰へ窓口 奈良市役所 /奈良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
奈良市役所内にある「リスなら」専用の入り口=中津成美撮影
奈良市役所内にある「リスなら」専用の入り口=中津成美撮影

 奈良市は、ニートや引きこもり状態の若者をサポートする相談窓口「リスタートなら(リスなら)」を市庁舎中央棟2階に開設した。市内にはニートや引きこもり状態となった人が約3000人いると推計されており、学び直しなど社会復帰に向けた手助けをする。

 窓口の対象は中学や高校を卒業・中退した人で、進学も就労もしていない市内の15~20歳くらいの男女とその家族。キャリアカウンセラーらが相談に乗る。本人の希望などを考慮し、就労するための関係機関や、学び直しのために教育委員会に紹介したりするという。

 市が2016~17年度に高校中退者らを対象に行ったアンケートによると、中退のきっかけの多くが「学業の不振」で、次いで「友人、教師との人間関係」の回答が多かった。「必要な相談者や指導者は誰か」という問いには、教員やカウンセラーを求める割合が高かった。市は社会に戻るには「学び直し」や「義務教育後にも相談できる場所」が重要だと考え、新たな支援窓口の設置を決めた。

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文685文字)

あわせて読みたい

ニュース特集